消費者金融は今日本にいくつありますか?

消費者金融は急にお金が必要になった時には便利ですよね。しかしこの消費者金融、数年前は3万をも超える業者があったのに、今では「2500社」ほどしかなくなってしまっています。これは貸金業者に関する法律が大幅に改正されたことや、貸金業者として認可を受けるための基準が厳しくなったことが理由とされています。

小さめの消費者金融ほど金利を高くしたりしなければ儲けが出無いわけですが、近年の金利に係る法律の変更や、社会的な「ヤミ金」問題などがあり、どうしても金利を下げざるを得ない状況が続いています。

やはり借金をしてそれを利用して破産する人も多く今までグレーゾーン金利などあいまいにしてきた部分が非常に多いので、そのあたりを債務者や弁護士などによって是正されてきたという面があるので非常に難しい状態になってきたのはいなめません!

カテゴリー: カードローンを知る
消費者金融は今日本にいくつありますか? はコメントを受け付けていません。